サポート内容が充実のビジネスカード SBS Executive Business Card

SBS Executive Business Card

この記事は、個人事業主にも発行可能なビジネスカード、SBS Executive Business Card の紹介とメリットやデメリットの解説をしています。

公式サイト SBS Executive Business Card

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.SBS Executive Business Cardとは

SBS Executive Business Card は、スマートビリングサービス株式会社と三井住友カード株式会社が提携して発行されている、法人代表者・個人事業者向けのクレジットカードです。

スマートビリングサービス株式会社は、請求業務や収納代行・クレジットカードなど、支払業務に関するサービスを提供しています。

 

三井住友カードが発行しているクレジットカード「三井住友ビジネスカード for Owners」の機能に、SBS(スマートビリングサービス)の会員サービスを付帯した内容になっているのです。

 

<< SBS Executive Business Cardの基本情報 >>

  クラシックカード ゴールドカード
カードブランド VISA
契約者 法人・個人事業主
年会費(税別) 10,000円
※初年度無料
35,000円
※初年度無料
パートナーカード 1,500円/枚
※初年度無料
10,000円/枚
※初年度無料
枚数制限 使用者カードを含め最大20枚まで
ショッピング枠 10万~150万 50万~300万
ポイントサービス ワールドプレゼント
ポイント有効期限 2年 3年
旅行傷害保険 最高2,000万円の
海外旅行傷害保険
最高5,000万円の
海外・国内旅行傷害保険
ショッピング保険 付帯あり
空港ラウンジサービス 利用不可 利用可
会員優待サービス ●専門業務依頼サービス
●海外Wi-Fiレンタルサービス
●スマホ修理代金割引サービス
●専門業務依頼サービス
●海外Wi-Fiレンタルサービス
●スマホ修理代金割引サービス
●宿泊予約割引サービス
●国内・海外旅行割引サービス
●助成金申請代行サービス
●求人無料掲載サービス
●贈答花割引
●経理アシスタントサービス割引

公式サイト SBS Executive Business Card

 

2.SBS Executive Business Cardのメリット

一般的にビジネスカードを使うメリットは、経費をクレジットカード払いで決済できるのが一番のポイントですが、特にSBS Executive Business Card には、以下のようなメリットがあります。

GOOD
  • ビジネスカードだが審査が個人
  • CLASSIC の優待サービス
  • GOLD の優待サービス
  • カードのご利用金額に応じてポイントが貯まり、個人カードのポイントと合算することができる
  • カードに会社名・屋号を表記できる

 

1)ビジネスカードだが審査が個人

審査の対象が代表者個人なので、設立間もなくても審査が通りやすくカード発行も早いです。

必要な書類は申込者の本人確認資料だけ

 

登記簿謄本や決算書も不要です。ただしキャッシング枠を希望する場合は、収入証明書類が必要になります。

引き落とし口座は法人代表者であれば法人口座、個人事業主なら個人口座か屋号口座を指定できるので、経理上もスムーズ。

 

2)クラシックの優待サービス

  • 専門家に契約書・決算書作成や商標登録等の専門業務をスポット依頼することができる専門業務依頼サービス
    依頼完了後は、5,000円のキャッシュバックを受けられる。
  • 世界200以上の国と地域で使えるパケット定額制サービス「グローバルWi-Fi」を、20%割引で利用する海外Wi-Fiレンタルサービス
  • スマホが故障した時の修理代金が、1,000円割引になるスマホ修理代金割引サービス

 

3)ゴールドの優待サービス

ゴールドカードの優待サービスは、クラシックカードで受けられる専門業務依頼サービス、海外Wi-Fiレンタルサービス、スマホ修理代金割引サービスに加えて次の優待サービスを受けられます。

  • 専門家に契約書・決算書作成や商標登録等の専門業務をスポット依頼することができる専門業務依頼サービス
    依頼完了後は、5,000円のキャッシュバックを受けられる。
  • 世界200以上の国と地域で使えるパケット定額制サービス「グローバルWi-Fi」を、20%割引で利用する海外Wi-Fiレンタルサービス
  • スマホが故障した時の修理代金が、1,000円割引になるスマホ修理代金割引サービス
  • 満足度の高い一流ホテル・旅館を厳選した宿泊予約割引サービス
  • 国内・海外旅行が、社員旅行や従業員の福利厚生として利用できる国内・海外旅行割引サービス
  • 中小企業の面倒な各署助成金申請に、サポートがうけられる助成金申請代行サービス。申請時の着手金は0円、成果報酬手数料も最大6%割引。
  • エン・ジャパンの採用支援ツール「engage」での求人無料掲載サービス
  • 「okurimono -おくりもの-」に掲載されている贈答花が、全品5%割引になる贈答花割引
  • 経費精算書や決算書を代わりに作成してくれる「バーチャル経理アシスタントサービス」を、10%割引で利用できる経理アシスタントサービス割引

 

4)貯まったポイントを個人カードのポイントと合算できる

通常であればビジネスカードで貯まったポイントは、個人カードで貯まったポイントと合算することができません。

しかし、SBS Executive Business Card で貯まるポイントは、三井住友カードのポイントサービス「ワールドプレゼント」のポイント。

ワールドプレゼントのポイントは、個人カードを使って貯まったポイントと合算することができるのです。

 

三井住友カードのポイントサービス「ワールドプレゼント」

カードのご利用金額に応じてもらえるポイントを貯めて、景品との交換・マイレージ・電子マネーや他社のポイントプログラムに移行することができるサービスです。

SBS Executive Business Card で支払いをすると付与されるポイントは1,000円につき1ポイント。1ポイントが5円相当で使う事ができるので、還元率は0.5%です。

 

このポイントは一か月間の合計利用額に対して付与されるので、細かい支払いが積み重なっても安心ですね。

個人向けのカードと比べると一般的な還元率と言えますが、法人向けのクレジットカードの中にはポイントが付与されないカードも有る、という事を考えると比較的高いと言えるでしょう。

 

5)カードに会社名・屋号を表記できる

そしてSBS Executive Business Card は、券面に氏名とともに会社名又は屋号を並記することができます。

公式サイト SBS Executive Business Card

 

3.SBS Executive Business Cardのデメリット

 ◎ 年会費が高い

SBS Executive Business Card のデメリットとなるのは、年会費が高いカードである点でしょう。

初年度の年会費は無料ですが、SBS Executive Business Card クラシックの年会費は10,000円、ゴールドの場合は35,000円とプラチナカードクラスの年会費になっています。

 

クラシックカードは、三井住友ビジネスカード for ownersにSBSの特典が付帯したカードで、あくまでも一般カードとなっています。

ゴールドカードの場合は、空港ラウンジサービスや旅行保険など充実したサービスを受けることができますし、SBSの特典もさらに充実した物になっています。

 

SBSの特典内容が自分のビジネスに合っているのであれば、ゴールドを選んでみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

SBS Executive Business Card を利用すれば、SBSの特典による経理や申請などのサポートで、作業の時間や経費を削減することができます。

年会費が高いというデメリットがありますが、初年度は無料なので内容を重視するオーナーさんや個人事業主さんは、実際に利用してみる価値はあります。

 

しかし、年会費が高すぎてメリットが薄いと感じる場合は、年会費優遇が受けやすいことから保有しやすい「三井住友ビジネスカード for Owners」や、独自特典が付加されている「マネーフォワードビジネスVISAカード」を検討してみると良いでしょう。

公式サイト SBS Executive Business Card

 

関連記事

個人事業主にオススメのビジネスカード5種を紹介

個人事業主が屋号付き口座を開くことができるおすすめ銀行

スポンサーリンク
スポンサーリンク
クレジットカード
すだれもち

当サイトの運営者。
世間の常識も発見も、とりあえず気になったことをいろいろ書いています。

すだれもちをフォローする
シェアする
すだれもちログ