「Edit Author Slug」WordPressのユーザー名(ログインID)を隠す方法

ユーザーIDを隠すプラグイン

前回の記事で、ログインユーザー名を類推しにくいものにしようという記事を書きました。しかしそれだけでは無意味でした。
よくよく調べてみると、ユーザーIDを簡単に調べる方法と言うのがあるんですね。

そこで今回は、ユーザーIDがばれないようにするプラグインEdit Author Slugの使い方の紹介をします。

ブログを守るためのセキュリティー強化

  1. 「Edit Author Slug」WordPressのユーザー名(ログインID)を隠す方法
  2. WordPressのユーザー名(ログインID)を変更する方法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ユーザーIDがバレバレな理由

WordPressにログインするためにはユーザー名とパスワードが必要です。
だから、ユーザー名も他の人に知られないに越したことはない。

しかしデフォルト設定のままでは、このユーザー名はサイトのURLにとある文字を追加すれば簡単に表示されてしまうのです。

その方法はここでは省きますが、その方法を使えば、いくらユーザー名を変更しても意味がないという事ですね。

その表示を変えてくれるプラグインが「Edit Author Slug」です。
このプラグインを使うと、他人のユーザーIDを調べようとサイトURLにキーワードを入力しても別の文字列が表示できるようになります。

Edit Author Slugの設定方法

Edit Author Slugをインストール

インストール

1.Wordpressダッシュボードで「プラグイン」>「新規追加

2.キーワード『Edit Author Slug』で検索して「今すぐインストール」を押します。

3.インストールが完了すれば「有効化

これでインストールは完了。

Edit Author Slugの設定

WordPressダッシュボードで「ユーザー」>「あなたのプロフィール」でプロフィールを表示。

設定画面

プロフィール画面の下の方に「Edit Author Slug」の項目が追加されています。

投稿者スラッグ1つ目はユーザーIDになっています。
カスタム設定」にチェックを入れてユーザーIDとは別の文字列を入力します。

プロフィールを更新」を押して完了です。

まとめ

ユーザーIDが簡単にばれてしまうのを防ぐ方法の紹介でした。

自分のサイトが改ざんされたり悪用されたりという事を考えると怖いものです。
ユーザーIDもパスワードも簡単にばれない様に、セキュリティの強化はしっかりして置きましょう。

 

関連記事

・「WordPressのユーザー名(ログインID)を変更する方法

・「WordPressサイトで使うと便利なプラグイン紹介

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
WordPress
すだれもち

当サイトの運営者。
世間の常識も発見も、とりあえず気になったことをいろいろ書いています。

すだれもちをフォローする
シェアする
すだれもちログ