個人事業主が屋号付き口座を開くことができるおすすめ銀行

個人事業主として働く上で、事業で利用するための銀行口座は重要なもののひとつです。

帳簿の管理をしやすくするために、生活用の口座とは別の口座を用意している人もいますね。

 

また、管理のしやすさとは別のメリットで、屋号付きの口座を作りたいと考えている人もいるでしょう。

この記事では屋号付き口座を開設するメリットと、おすすめの銀行を紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.屋号付き口座を持つメリット

顧客からの安心感が増す

ネットショップを経営している場合など、ショップの利用者からしてみると、振込先の名義が個人名のみの口座だと不安を抱かせることがあります。

そんな時、屋号付き口座を使っていればショップの名前も載っていることで安心感が増しますね。

 

屋号名で匿名性を高める

屋号のみで振込ができる銀行の口座であれば、匿名性を高めることができます。

あまり実名を表に出したくない場合に便利ですね。

 

2.屋号付き口座が開ける銀行

屋号付き口座を開設できる主な銀行は、メガバンクやゆうちょ銀行、ネット銀行などで、主な銀行はネット銀行を除くと以下のとおりです。

そのほかにも、地方銀行などで屋号付き口座を開設できるところもあります。

 

ただし、都市銀行や地方銀行などで屋号付きの口座を開設しようとすると、「開設のための条件が厳しい」「ネットバンキングが利用できない」「デビットカードが利用できない」という場合が多々あります。

こういった点で考えると、屋号付き口座を開設しやすいネット銀行の方がおすすめですね。

 

それでは次の項目から、屋号付き口座開設におすすめのネット銀行について紹介していきます。

 

3.楽天銀行の個人ビジネス口座

1)個人ビジネス口座の開設は必要書類が少ない

屋号付き口座を開設するために必要な書類は銀行によって違いますが、次のようなものが必要になります。

一般的には、開業届・確定申告書など、本人確認書類、事業内容が分かる会社案内やチラシ、ホームページのURLといった書類が必要になります。

 

事業のパンフレットやホームページというのは、開業したばかりでまだ作ってなかったり、事業内容的に必要が無いという場合も多いですよね。

しかし、楽天銀行の個人ビジネス口座で必要な書類は、本人確認書類として「個人事業開業届」か「個人事業開始申告書」のみ。(個人の口座開設済みの場合)

 

つまり、パンフレットやホームページがなくても、個人事業主用の口座を開設できるということなのです。

 

2)楽天銀行で個人ビジネス口座を開設できる人

  • 楽天銀行の個人口座を開設済みの方
  • 個人ビジネス口座をお申込する時点で満20歳以上の方
  • 個人でビジネスを営んでいる方

楽天銀行で個人事業主用の口座を作るには、個人口座を作っていなければいけません。

個人口座もホームページから簡単に申し込むことができ、概ね1週間から10日ほどでキャッシュカードが届き利用開始できます。

 

3)口座名義は3通り

楽天銀行の個人ビジネス口座で付けられる口座名義は次の通りです。

  • 屋号 + 氏名
  • 氏名 + 屋号
  • 氏名

屋号や屋号の一部での口座名義を使うことはできません。

 

4)ハッピープログラムは対象外

楽天銀行の個人ビジネス口座にもデメリットはあります。

それは、楽天銀行の個人口座であれば使えるハッピープログラムですが、個人ビジネス口座は対象外となっています。

 

ハッピープログラムが使えないという事は、ATM手数料や他行への振込手数料を無料にすることができないという事ですね。

ただし、手数料が必要なのは楽天銀行だけでなく、他の銀行でも事業用口座であれば手数料が必要な場合が多いので仕方がありません。

 

楽天銀行の個人ビジネス口座を利用している人は楽天銀行の個人口座も開設済みです。個人口座のハッピープログラムを利用すれば、出金手数料も無料にすることができますね。

公式サイト 楽天銀行 > 個人事業主のお客さま

個人口座の開設がまだの方はこちら 楽天銀行

 

4.ジャパンネット銀行の営業性個人口座

1)口座の開設に必要な書類

ジャパンネット銀行の営業性個人口座開設に必要書類は

  • 本人確認資料
  • 事業実態の確認書類

楽天銀行の場合と同じく、会社案内やチラシ、ホームページのURLなどは無くても大丈夫です。

 

開業届や確定申告書などのコピーなどで、申し込みの屋号で事業を行っているということの確認を行います。

ただし、事業実態の確認書類に屋号の記載がない場合や、申し込みの屋号と開業届等に記載の屋号が異なる場合は、ホームページまたは屋号が確認できる書類などで事業実態の確認を行います。

 

2)口座名義は「屋号」+「個人名」のみ

口座名義を「屋号」のみ、または「個人名」のみにすることはできません。

ただし、振り込み時は「屋号」のみの入力でも受け取ることができるので、振込先として相手に知らせるのは「屋号」のみでも可

公式サイト ジャパンネット銀行 ビジネスアカウント

 

5.GMOあおぞらネット銀行の個人事業主口座

1)口座の開設に必要な書類

GMOあおぞらネット銀行の屋号付き口座を開設するために必要な書類は、次のようなものが必要になります。

  • 開業届・確定申告書など
  • 事業内容が分かる事業案内やパンフレット、ホームページのURL

楽天銀行やジャパンネット銀行では必要でなかった、事業のパンフレットやホームページという事業内容の分かる書類が必要になります。

 

2)GMOあおぞらネット銀行で個人事業主口座を開設できる人

  • GMOあおぞらネット銀行の個人口座を開設済みの方
  • 個人事業主の方

GMOあおぞらネット銀行で個人事業主口座を作るには、個人口座を開設している必要があります。

個人口座の開設もホームページから簡単に申し込むことができ、概ね1週間ほどでキャッシュカードが届き利用開始できます。

 

3)口座名義は3通り

GMOあおぞらネット銀行の個人事業主口座で付けられる口座名義は次の通りです。

  • 屋号 + 氏名
  • 氏名 + 屋号
  • 氏名

公式サイト GMOあおぞらネット銀行 法人・個人事業主のお客様

個人口座の開設がまだの方はこちら GMOあおぞらネット銀行

 

まとめ

個人事業主は法人と比べると信頼性が低いと判断されることが多いです。

そこで、屋号付きの銀行口座を開設することは、信頼性をアピールする手段の一つとなります。

 

関連記事

個人事業主にオススメのビジネスカード5種を紹介

確定申告のための青色申告対応オススメ会計ソフト3つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お金の話
すだれもち

当サイトの運営者。
世間の常識も発見も、とりあえず気になったことをいろいろ書いています。

すだれもちをフォローする
シェアする
すだれもちログ